事務所ニュース

事務所ニュース

2019/11/09

2019年11月9日から12日まで台湾の台北で開催されたAPAA(アジア弁理士協会)の理事会に、当所の中川弁理士とトーマス・マーティンが参加して参りました。今年は世界各国から1,700名以上が参加する大変大きな理事会となり、期間中は、台湾の現地事務所を訪問した他、各国の代理人とミーティングを行い、情報交換を行って参りました。当所は、引き続き、各国代理人との関係の強化及びネットワークの拡大に努めて参ります。

2018/05/30

中川弁理士・藤田弁理士・宮田弁理士が、2018年5月19日から23日にかけて米国シアトルで開催された国際商標協会(INTA)第140回年次総会に参加しました。本総会は、商標に関する世界最大の国際会議であり、今年は各国より約11,000名の知財関係者が一堂に会しました。日頃、Eメールや書面を通じてやりとりしている各国の代理人及びクライアントとのフェイス・トゥ・フェイスのミーティングを通じて意見や情報を交換する貴重な機会となりました。

2018/04/16

中川弁理士が、4月13日に中国専利代理(香港)有限公司の北京オフィスを訪問しました。
羅副所長をはじめ、尹商標部部長、杜弁護士、劉弁護士とお会いし、意見交換を行なうと共に、専利局と商標局の合併の状況などについて説明いただきました。

2018/04/03

2018年5月19日~23日にアメリカ・シアトルで開催される国際商標協会(INTA)第140回年次総会に、中川弁理士・藤田弁理士・宮田弁理士が、参加します。

2017/09/15

宮城弁理士・和田弁理士が黒瀬弁理士と共に2017年9月11日から9月14日までタイ・バンコクに出張し、①商務省知的財産局(DIP)、②法務省知的財産及び国際取引裁判所(CIPITC)、③税関 (Klongtoey区)、④法務省特別捜査局(DSI)、⑤JETROバンコク事務所、及び⑥現地代理人事務所(6か所)を訪問しました。

①商務省知的財産局(DIP)
日本の「特許庁」に相当する機関です。審査促進のための取組みや、商標委員会の構成と審理方法、ライセンス登録、侵害抑制室の役割についてご説明頂きました。出願受付窓口やファイルの保管庫などを見学させて頂きました。

②法務省知的財産及び国際取引裁判所(CIPITC)
ASEAN諸国の中では最初に設立された知的財産専門の裁判所です。2016年10月にAppeal Courtが設立されました。合議体の構成や所属する裁判官の人数や審理期間、共同訴追者の役割、外国の裁判所の交流事情についてご説明頂きました。テレカンファレンスシステムの充実した法廷やオープンしたばかりの図書館を見学させて頂きました。

③税関(Klongtoey区)
各税関における情報の共有状況や同一ではなく類似商標が付された模倣品の摘発、権利者の費用負担等についてご説明頂きました。

④法務省特別捜査局(DSI)
タイ警察中央捜査部門経済犯罪捜査部(ECD)よりも規模の大きい刑事事件を取り扱う機関です。模倣品の流通速度が速いため、より上流での対応強化に努めているとのことでした。

⑤JETROバンコク事務所
タイ特有の法改正の進め方や掲載事情についてお伺いしました。

⑥現地代理人事務所(訪問日順)
下記の事務所を訪問し連携の強化を図ると共に、タイ特有の審査実情に対応するための実務に関するディスカッションを行ったほか、2017年11月7日より発行するマドプロ加盟に伴う留意点について確認しました。

(a) CHAVALIT & ASSOCIATES LIMITED(現SCL LAW GROUP)※DIPにて撮影

(b) Tilleke & Gibbins

(c) S&I International Bangkok Office Co., Ltd.

(d) Baker & McKenzie Ltd.

(e) Rouse & Co. International (Thailand) Ltd.

(f) Domnern Somgiat & Boonma Law Office Ltd.(集合写真を撮り忘れてしまいました。)